co

過去の超名作と呼べる感動ドラマのおすすめを厳選して7作品ご紹介します。

恋愛ものだけではない感動ドラマの名作を厳選してみました。

 

 

1.MOZU

co       出典:http://www.tbs.co.jp/

 

TBSとWOWOWが共同制作に挑むのは、「映像化不可能」と言われ続けてきた伝説のハードボイルド小説「百舌」シリーズのTVドラマ化。

前作の『ダブルフェイス』を遥かに超えるスケールで、TVドラマ『MOZU』シリーズの共同制作。

小説「百舌」シリーズは、「カディスの赤い星」(1986年刊行)で第96回直木賞、

第40回日本推理作家協会賞、

第5回日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞した、

日本を代表するハードボイルド作家・逢坂剛の代表作。

集英社文庫から出版されているこのシリーズは、

1986年の「百舌の叫ぶ夜」刊行以後、

第5巻「鵟(のすり)の巣」まで発行されて、

シリーズ総計80万部を越える売上を記録する大ヒットシリーズ(※2014年3月)。

さらに2012年に発表された宝島社の

「この警察小説がすごい」オールタイム・ベスト2位に選出されるなど、

根強い人気を誇っている。

しかしながら、巧みな叙述トリック、

激しいアクション、生々しい警察内部の描写のため、

「映像化不可能」と言われ続けてきた作品でもある。

 

 

 

 

衝撃的でした。このドラマは、
毎回、映画を見ているかのようなスケール。

人の心の闇や、愛、裏切りを、
さまざまな角度から描かれているなと
思いました。

毎週、見終わったらもう次の放送が待ち遠しくて、
楽しみでしょうがなかったことを
思い出しました。

映画版も見に行きましたが、
ドラマ版は永久保存版だなと思える、
貴重なドラマだと思います。

主演の西島秀俊さんはかっこいいし、
香川照之さんの迫力、
真木よう子さんがきれいでかっこいいのも、
見どころです。

 

 

 

2.未成年

co       出典:http://matome.naver.jp/

 

夏、5人は出会った。

世の中のことなんてまだ遠く、他人事だった。

この友情が、5人をどこに向かわせているのかを、

疑うことも、まだなかった。

社会との関わり。仲間の死。

大人たちへの反抗、そして暴走…。

友情をテーマに描く、瑞々しくも衝撃的な、

未成年たちの青春群像。

野島伸司脚本・いしだ壱成主演・1995年放送

 

 

香取慎吾さん、反町隆史さん、浜崎あゆみさん、
谷原章介さんなども、出演されています。

約20年前の姿が見られる貴重なドラマです。

未成年のころに、いろいろな悩みを抱えて、
仲間を思いやり、のりこえていくお話です。

個人的には、この時に見た反町隆史さんのイケメンっぷりが、
衝撃的でした。あゆも、今とはまた違ったかわいさが
ありました。

 

平均視聴率20.0% 、最高視聴率23.2%と、人気がありました。

 

 

3.ルーキーズ

co       出典:http://ciatr.jp/

 

熱血高校教師とヤンキーたちが、高校野球を通して夢を持って生きていくことの大切さが描かれる。

最初のころは、野球なんてしない、夢なんてない、甲子園なんて…

そう思っていた生徒たち。

先生のまっすぐな姿勢に惹かれて甲子園を目指す。

熱い先生、生徒たちの友情の物語。

原作は『ROOKIES』(ルーキーズ)。

森田まさのりによる日本の野球漫画作品、

全11話  プロデューサー  津留正明
出演者 佐藤隆太、市原隼人、小出恵介、城田優、中尾明慶、佐藤健
2008年放送

 

 

このドラマは、

とにかくイケメンが勢ぞろいのドラマです。

必ずひとりは、応援したくなるキャラクターがいるでしょう!
イケメンが一生懸命戦う姿見たさに、
毎週楽しみに見てました。

野球のことなんて何も知らずに、
顧問を志願するという熱血教師を佐藤隆太さん。

この役よく似合っていました。

元野球部エース、不良になってしまった安仁屋恵壹を
演じた市原隼人さん、しびれました。

 

 

4.愛していると言ってくれ

co       出典:http://www.tbs.co.jp/

 

最高視聴率28.1%を記録した豊川悦司・常盤貴子主演、

北川悦吏子脚本の名作。

聴覚に障害のある新進青年画家と、

女優を目指す若い女性との純粋で繊細なラブストーリーを描く。

主題歌はDREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」で、

こちらも大ヒットを記録した。

全12話 1995年放送。

共演は岡田浩暉、鈴木蘭々、矢田亜希子、高橋理恵子、塩見三省、余貴美子、吉行和子、橋爪功ほか。

 

 

豊川悦司さんの、表情だけで感情を伝える姿が、
何度も涙をそそります。

走っている姿や、常盤貴子さんと、
一生懸命に感情をこめて手話をしている姿が、
忘れられません。

ドリカムの主題歌も心につきささります。

 

せつなくピュアなラブストーリー。

 

 

私のお気に入り

残すところあと3つとなりました。

どれも大好きですが、世界観などの視点でのおすすめもご紹介します。

 

 

5.軍師官兵衛

co       出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

 

「この男がいなければ秀吉の天下はなかった」

といわれた天才軍師・黒田官兵衛。

信長、秀吉、家康の三英傑に重用されながら、

その才能ゆえに警戒され、秀吉には次の天下人とまで恐れられた。

それでも戦国の乱世を見事に生き抜き、九州福岡藩52万石の礎を築いた官兵衛の生涯を描く。

 

 

ジャニーズグループ、V6の岡田准一さんが、
体当たりで主役の黒田官兵衛をつとめられました。

2014年に放送された大河ドラマです。

この年は大河ドラマを欠かさずに見るほど、
ハマりました。

岡田准一さんのファンだったわけではないのですが、
趣味の格闘技で鍛えられた体力をいかした、
全力でのアクション演技に、感動も増しました。

アイドルなのにカツラは使用せずに、地毛を剃り落とし、
本当に坊主頭になり、演じたりと、役者魂が感じられます。

ドラマのクランクアップの時には、
岡田准一さんは男泣きして感謝の言葉を述べたほど、
力を入れていたそうです。

 

 

6.Nのために

co       出典:http://www.tbs.co.jp/

 

湊かなえの新たな世界「Nのために」

人気ベストセラー作家・湊かなえが描いた、

切なさに満ちた純愛ミステリー「Nのために」のドラマ化。

高層マンションに住むセレブ夫妻、

野口貴弘(徳井義実)・奈央子夫妻(小西真奈美)が殺害された。

その現場に居合わせたのは

“ある計画”を立てた大学生の希美(榮倉奈々)、

成瀬(窪田正孝)、安藤(賀来賢人)、西崎(小出恵介)。

その場で西崎が逮捕され、自供から有罪が確定し、

懲役10年が言い渡された。

それから10年後、

この事件の判決に疑いを抱く元警察官・高野(三浦友和)は、

事件の真相を追い始める。

この事件は15年前の夏、瀬戸内海に浮かぶ島で、希美と成瀬が起こした

“ある事件”からすべてが始まっていると高野は確信していた。

「彼らはあの時、罪を犯した。それぞれのNのために」

 

 

榮倉奈々さんのナチュラルな演技が、
ミステリーなドラマに、良いスパイスになっていました。

なぜ?どうして?と、次の回が気になりまくっていました。

現在と過去を交錯させながら、
事件の真実を明らかにしていく「純愛ミステリー」。

高校生までを過ごした瀬戸内海の風景が、
心をきれいにしてくれました。

ちなみに新婚の榮倉さんは、夫の賀来賢人さんと、
このドラマがきっかけで愛を育まれたようです。

私はドラマ内では窪田正孝さん演じる成瀬君を、
応援していました。

なまりもよかったですね~。

 

 

7.池袋ウエストゲートパーク

co出典:http://marolog.hatenablog.com/

 

石田衣良原作の小説で宮藤官九郎脚本のドラマ。

主演はTOKIO長瀬智也。ほか、佐藤隆太、窪塚洋介、

妻夫木聡、坂口憲二、

阿部サダヲ、渡辺謙、遠藤憲一、山下智久、

小栗旬、小雪、加藤あい…

2000年にテレビドラマが放送され一躍人気作品となった

『池袋ウエストゲートパーク』の原作は現在まで

11作も刊行されている人気シリーズ小説。

池袋駅前の西口公園を舞台に不良少年が、

トラブルシューターとして活躍する新世代ストリートミステリー。

 

 

個人的にかなりお気に入りの作品です。

大ヒットしたNHK朝ドラ あまちゃんで有名になった、
宮藤官九郎さんですが、

それよりも13年も前に、こんなおもしろい作品を、
脚本されていました。

 

宮藤官九郎さんのテンポの良い会話の脚本や、

TRICKやSPECなどのドラマでも有名な堤幸彦さんの演出、

 

シュールでスタイリッシュな演出が話題となり、
現在でも熱心なファンが多数います。

 

当時、こんなおしゃれな感覚のドラマ、
初めて見て、衝撃的でした。

 

イケメンたちのセリフの、
ひとことひとことがまたおもしろくて、
女性陣はみんなキュンとするかわいさです。

 

 

ドラマ 感動 名作7選、いかがでしたか?

集めてみた結果、過去のドラマは、名作がたくさんありますね~。
いいドラマを見てあたたかい気持ちですごしたいものです。